2017.09.08 Friday

アロマテラピーの香りが脳を刺激する。山形

0

    アロママッサージエステ アンジェリカの長井です。

     

    アロマテラピーの香りは、直接脳を刺激します。

     

     

    ◎脳がにおいを感じる

     

    香りを嗅ぐと鼻から入ったにおい分子が鼻腔の奥の嗅細胞から出た嗅小毛の嗅覚受容体で受容され、電気的信号に変えられ、嗅神経に伝わります。

     

    嗅球、嗅索、脳の大脳辺縁系に伝わり、大脳皮質嗅覚野に届き、においを感知します。

     

     

    ◎嗅覚が脳に与える影響

     

    香りは脳に様々な影響を与えます。香りは直接脳に働きます。自律神経や内分泌系に作用します。

     

    間脳の視床下部は本能行動の中枢で、自律神経を調整します。体温調節したり、内臓を動かしたり。下垂体と連携し、内分泌系(ホルモン)も調整します。

     

    感情や本能にも影響します。香りで過去の記憶が呼び起こされたり。

     

    大脳辺縁系の海馬は近い過去の記憶を蓄積します。そして、大脳皮質に伝わります。大脳辺縁系の扁桃体は情動、本能的な事を司ります。

     

     

     

    ◎ラベンダーの香りでリラックス

     

    α波は、脳が円滑に働いている時に出る脳波。閉眼、安静、リラックスした状態で多く出ます。

     

    ラベンダーの香りはα波を増加させるそうです。リラックス効果があるんですね。ストレス防止にも活躍しそう。

    そして、血流量が増えます。血行が良くなります。

     

    コーヒーもリラックスするって聞きますが、コーヒーの香りもα波が増えるようです。

    たばこやカビなどの嫌な臭いはα波が減少するそうです。脳の働きも低下するらしい。

     

     

    ◎レモンの香りで元気に。

     

    レモンの香りは脳を活性化します。注意力が出ます。集中できます。

    リラックスはしないんですって。

     

     

    香りの種類で違う影響が出るようです。

    リラックスする、リフレッシュする。

    目的に合った香りを選ぶのもいいですね。

     

     

    同じ匂いを嗅いでいると感覚が鈍くなってしまいます。感じなくなってきます。

    いつも同じ香りを嗅ぐよりも違う香りを楽しむのが良いと言われています。

    その日の気分で変えてみたり、香りを楽しんでみましょう。

     

     

     

    ストレスは毎日少しずつ蓄積し、許容量を超えると爆発します。心身に様々な不調が現れます。なので、ストレスは溜めないようにしましょう。

    ストレスを防ぐには、睡眠、癒し(リラックス)、趣味の時間が必要ですね。

     

     

     

    ◎アロマオイルマッサージ 30分 3,500円〜

     

     

    アロママッサージエステ アンジェリカ
    山形県山形市東原町3-7-9コア東原103
    電話023−631−5560

    ご予約はお早目に。お急ぎの方は、お電話下さい。

     

    ネットでご予約(24時間受付)

     

    Facebook
    アロママッサージ エステ アンジェリカ 山形市

     

    アンジェリカHP
    山形のアロママッサージとエステは アロマのアンジェリカへ


    コメント
    コメントする