2016.03.14 Monday

乾燥肌の対策は、内から外から

0
    山形市アロママッサージエステ アンジェリカです。
    冬は、肌の乾燥が気になりますね。

    乾燥肌は、水分や油分が不足し、カサカサ、粉が吹いたり、痒くなったりします。
    冬は、温度や湿度が低下し、寒風や暖房でも水分が奪われ、肌が乾燥します。
    血行も悪くなり、肌のバリア機能も低下します。

    加齢でセラミドなどの角質細胞間脂質が減り、バリア機能が低下すると水分が蒸発します。
    肌の乾燥は、肌荒れなどのトラブルを起こし、老化へつながります。
    肌を乾燥しにくい状態にすることが大事です。



    ○加齢で保湿物質が減ると乾燥するので、スキンケアで補いましょう。

    角質層の水分の約80%はセラミドなどの角質細胞間脂質
    約17%が天然保湿因子(NMF)
    約3%が皮脂
    角質細胞間脂質の約40%がセラミドです。

    セラミドは加齢で減少するので、スキンケアで補う必要があります。
    乳液や美容液に配合されています。
    セラミドは、水分をしっかりキープしてくれます。


    ○スキンケアに使われるセラミド以外の保湿成分

    ヒアルロン酸、コラーゲンなど真皮にある成分
    美容液やクリームに入っています。

    アミノ酸や尿素など角質細胞にある天然保湿因子(NMF)で水溶性の成分
    化粧水に配合されています。

    角質細胞間脂質のスフィンゴ脂質など
    乳液やクリームに使われます。


    ○しっかり保湿するなら、セラミド。
    セラミドが入ったスキンケアが保水力が高いです。
    乳液や美容液に入っています。


    スキンケアは、お化粧をしたらクレンジング、洗顔、化粧水、乳液や美容液やクリームが基本です。
    熱い湯で洗うと水分と油分が奪われます。
    ゴシゴシこすると肌が傷ついてしまいます。
    日頃から気を付けたいですね。



    ○食事で潤い補給

    肌の代謝促進にビタミンA
    丈夫で潤いを保つ健やかな肌になります。
    緑黄色野菜を一日100g以上食べるのが目安です。
    にんじん、かぼちゃ、ほうれんそう、小松菜、鶏レバーなどに入っています。

    血行促進に鉄分
    鶏レバー、高野豆腐、ひじき、しじみなどに入っています。

    肌の材料、代謝促進たんぱく質
    肉や魚を中心に卵、大豆、乳製品

    でもね、食事はバランス良く食べることが大事です。
    一汁三菜、一日三食、色々なものを食べましょう!



    ○睡眠で肌が再生

    睡眠中に血液が肌にも行き渡り、細胞分裂が起こります。
    肌の再生は睡眠時に起こるので、十分な睡眠が必要です。
    ストレスで自律神経が乱れると不眠になったりします。

    卵胞ホルモン、エストロゲンは肌を潤します。
    ストレスでホルモンバランスが乱れると肌が荒れたりします。
    ストレスを受けると活性酸素が発生し、細胞を傷つけます。

    過度なストレスは、様々な影響があります。
    ストレスは溜めないようにしましょう!



    ○運動で血行促進、ストレス解消!

    運動すると自律神経が安定します。
    運動をして汗をかくと肌は潤い、血行も良くなり、代謝が促進されます。
    喫煙は血行が悪くなりますよ。



    最近の私のストレス解消、リラックス法です。
    好きな音楽を聴いています。たまに歌います。
    音楽を聴くのも歌うのも脳が活性化し、元気になります。
    ゆっくりお風呂に入ると筋肉や神経の緊張がほぐれます。
    そして、暖かくなったら、ウォーキングで血行促進、気分も爽快♪
    そうだ、アロマテラピーの植物の香りでリラックス〜


    睡眠、食事、運動で身体の中から潤いを保ちましょう!


    アロママッサージエステ アンジェリカ
    山形県山形市東原町3-7-9コア東原103
    電話番号023−631−5560
    お急ぎの方は、お電話下さい。

    ネットでご予約(24時間受付)

    Facebook
    アロママッサージ エステ アンジェリカ 山形市

    アンジェリカHP
    山形市アロママッサージ エステ アンジェリカ
     

    コメント
    コメントする