2014.07.19 Saturday

なぜアロマテラピー(アロマセラピー)が心や身体の不調を改善するの?

0
    アロママッサージエステサロン アンジェリカです。

    アロマテラピー(アロマセラピー)が心や身体の不調を改善するわけ

    アロマオイル(精油・エッセンシャルオイル)が心と身体に作用する主な経路


    ◎鼻から大脳へ

    香りを嗅ぐとその成分は鼻から嗅覚を通して生理機能を司る大脳辺縁系に直接伝わります。

    香りを嗅ぐと鼻から匂いの分子が嗅細胞を刺激して電気信号が発生し、嗅神経に伝わります。

    その信号は脳の嗅球に伝わり、大脳辺縁系や視床下部に直接作用します。

    そして、大脳皮質の嗅覚野に伝わり、においとして認識します。

    大脳は感情や欲求などの情動に関与しています。

    視床下部は自律神経や免疫系、内分泌系(ホルモン)の働きを調整しています。

    過度のストレスがかかると脳は正常に働かなくなり、免疫力が低下したり、自律神経やホルモンのバランスが乱れたり、様々な不調が起こります。

    アロマオイル(精油・エッセンシャルオイル)の香りを嗅ぐと、直接脳に届き、身体の機能を整えることができます。

    気持ちが落ち着いたりするのは、アロマオイル(精油・エッセンシャルオイル)の成分が脳の神経細胞から出される神経伝達物質の放出に関わっているからと考えられています。



    ◎鼻から気管支、肺へ

    深呼吸するとアロマオイル(精油・エッセンシャルオイル)の成分が鼻から肺へも届き、肺の奥の肺胞の粘膜からほんのわずかな成分が血液に入り、全身を巡ります。

    気管支や肺に直接作用する成分もあり、咳を鎮めたりします。



    ◎皮膚から血管へ、そして全身へ

    アロママッサージ(アロマテラピートリートメント)では、アロマオイル(精油・エッセンシャルオイル)の成分が皮膚から浸透、血液に入り、全身を巡り、組織や器官に作用します。

    アロマオイル(精油・エッセンシャルオイル)の分子はとても小さく脂溶性なので、皮膚の奥の真皮にまで届き、毛細血管やリンパ管に入り、体内を循環します。

    血液やリンパ液の流れを促し、老廃物を除去したり、免疫機能も高めます。



    ◎アロママッサージ
    お試し30分3,000円


    アロママッサージ・エステのリラクゼーションサロン アンジェリカ
    営業時間9:30〜21:00
    山形県山形市東原町3-7-9コア東原103
    電話番号023−631−5560
    お急ぎの方は、お電話下さい。

    インターネット予約

    Facebook
    アロママッサージ エステサロン アンジェリカ 山形市

    アンジェリカHP
    山形市アロママッサージ エステサロン アンジェリカ

    2014.07.18 Friday

    アロマテラピーで使う、アロマオイル(精油・エッセンシャルオイル)って?

    0
      山形市アロママッサージエステサロン アンジェリカです。

      アロマオイル(精油・エッセンシャルオイル)とは、植物の香り成分を集めた液体。

      植物の花、葉、果皮、樹皮、根、種子、樹脂などから抽出した天然の素材で、揮発性の芳香物質です。

      有機化合物が数十から数百種集まってできていて、有効成分を高濃度に含有しています。

      植物により特有の香りと機能を持っています。

      植物ごとに独自の成分が含まれていて、成分ごとに違う働きがあります。

      植物によって芳香物質を合成する部位が違うので抽出部位は植物により異なります。



      ◎主な製造法

      水蒸気蒸留法
      水蒸気で蒸して芳香成分を気化させて採ります。
      ほとんどの植物がこの方法です。


      圧搾法
      柑橘類の果皮をローラーで圧搾し遠心法で分離して採ります。

      アロマオイル

      木アロマオイル(精油・エッセンシャルオイル)の使用上の注意点

      植物が凝縮されているので、原液を飲んだり、肌に付けないようにしましょう。

      引火する可能性があるので、火気のそばで使うのは避けましょう。

      妊娠時は体調が敏感なので、芳香浴以外は注意が必要です。

      3歳未満の乳幼児は芳香浴以外は行わないようにしましょう。
      小さな子供は抵抗力が弱く、体重も少ないので、3歳以上の子供でも使用量は多くても大人の半分までにしましょう。

      皮膚に塗布した状態で直射日光を浴びると皮膚に炎症を起こす成分があります。
      主に柑橘系に含まれています。



      木アロマオイル(精油・エッセンシャルオイル)の保存方法

      冷暗所にふたをしっかり閉めて、立てて保存します。
      日光、温度、湿度、酸素などの影響を受けます。

      開封後1年以内に使いましょう。
      柑橘類は半年以内です。



      ◎アロママッサージ
      お試し30分3,000円


      アロママッサージ・エステのリラクゼーションサロン アンジェリカ
      営業時間9:30〜21:00
      山形県山形市東原町3-7-9コア東原103
      電話番号023−631−5560
      お急ぎの方は、お電話下さい。

      インターネット予約

      Facebook
      アロママッサージ エステサロン アンジェリカ 山形市

      アンジェリカHP
      山形市アロママッサージ エステサロン アンジェリカ

      2014.07.17 Thursday

      アロマテラピー(アロマセラピー)って?自然療法、植物療法です

      0
        山形市アロママッサージエステサロン アンジェリカです。

        アロマテラピー(アロマセラピー)とは、芳香植物から抽出した100%天然のアロマオイル(精油・エッセンシャルオイル)を使って、心や身体のトラブルを穏やかに回復し、健康や美容に役立てる自然療法で植物療法のひとつです。

        自然療法は、人間が本来持っている自然治癒力を高めて健康の維持、促進を図る療法です。



        アロマテラピーは、リラクセーションやリフレッシュに役立てます。

        リラクセーションは、心身の緊張がほぐれた状態で副交感神経が活発になり、免疫力が増強します。

        美と健康を増進、身体や精神の不調を改善し、正常な健康を取り戻すことができます。

        植物の力を借りて、香りを楽しむだけでなく、入浴やマッサージ、スキンケア等生活に取り入れることができます。



        人類は太古の昔から植物を利用してきたと言われています。

        紀元前3000年頃のエジプトでは、ミイラ作りにミルラ等の香木を用いていました。

        11世紀のアラビアでは、バラの花から芳香蒸留水を作ったとされています。

        蒸留の技術は、十字軍遠征によりヨーロッパに伝わり、王侯貴族たちの暮らしで香りは欠かせないものとなりました。



        アロマテラピーという言葉が誕生したのは、20世紀初頭のフランス、化学者ルネ・モーリス・ガットフォセが実験中の事故で火傷した際、ラベンダーの精油を使い、その効果を体験したのがはじまりです。

        アロマテラピーは、アロマ(芳香)、テラピー(療法)を合わせた造語です。



        植物から必要な成分だけを取り、化学成分と合わせて作った薬は、速効性や症状を抑える力は強いですが、副作用もあります。

        自然のままの植物を使うアロマテラピーは、不調を根本から改善し、人の治ろうとする力を引き出してくれます。

        近代医学の発展に伴い、衰えつつあった自然療法が再び注目されるようになりました。

        アロマテラピーは現在、様々な国や地域で多くの人たちに親しまれています。



        ◎アロママッサージ
        お試し30分3,000円


        アロママッサージ・エステのリラクゼーションサロン アンジェリカ
        営業時間9:30〜21:00
        山形県山形市東原町3-7-9コア東原103
        電話番号023−631−5560
        お急ぎの方は、お電話下さい。

        インターネット予約

        Facebook
        アロママッサージ エステサロン アンジェリカ 山形市

        アンジェリカHP
        山形市アロママッサージ エステサロン アンジェリカ

        | 1/1PAGES |